年金を受給するには?

年金のことなら年金.com

年金.com NENNKINN
224×33サイズ バナー1
 シトルリン
年金.comサイトマップ

 

年金を受給するには?

 
年金を受給するには?年金を受給するには、どうすればいいか?年金を将来受給するには、いずれかの公的年金の保険料を最低25年以上掛けなければなりません。

 一般的に、年金には国民年金と、厚生年金・共済年金の3種類がります。国民年金は40年掛けて、老後(65歳以降~、)受給できるようになっても、年間80万円ほど(この額は、物価スライド方式で年々変わります。)

・ようは、物価が上がれば受給できる金額は増え・物価が下がれば受給できる額は減るという、単純な理屈です。

・厚生年金・共済年金に加入している人は、同時に国民年金に加入していることになります。
ですが、国民年金に加入している人は国民年金だけの加入となります。

どういうことかと申しますと、厚生年金・共済年金が老後、年金を受給できる頃になると、厚生年金からいくら、共済年金からいくら、国民年金からいくらと、年金が支給され、より多くもらえるという訳です。

ですから、自営業の方・もしくは自由業といわれるような方は、
国民年金に加入しつつ、付加年金を納めたり、民間の保険会社の個人年金保険とか、に入って老後の蓄えを用意しておいた方がいいのではないでしょうか?


もしくは、何かビジネスをしてお金を儲けるのもよし・資産運用するのもよし・ですが、義務感から何かことをはじめると、あまり楽しくありませんので、肩の力を抜いて・取り組むのがよいと思います。ですから、年金の場合も義務だからというのではなく、「より多くもらうには?」とか、「月25万円受給するには?」どうすればいいかを考え、掛けていくと楽しいかもしれません。

ですが、一応日本国民の義務ということになっておりますよ。

年金をもらうためには、最低25年の加入履歴がないといけません。サラリーマンの方なら、25年掛けるのは難しくありません。日々仕事に励み、給料をもらっていると、天引きされているので、何も考えなくても、いつの間にか受給資格は得られます。

サラリーマン以外の人、自営業やフリーター・職を転々としている人は、よくよく考えて納めていかないと、年金を受給できる年齢になってももらえません。

もらえるのも、もらえないのも、全て自分の責任としっかり心に刻み、もらえるように掛けていかなくてはいけません。

とにかく、知らないとどうにもなりません。まずは、しっかり知識を得・年金がもらえるようになるために、行動していかなくてはなりません。
難しいことはありません。まずは、しっかり目標を設定しましょう。25年は必ず掛けてみせる!と。

年金のことを全て理解しなくても構いません。というか、年金のことを100%理解している人などおそらく居ないように思います。なぜなら、あまりにも年金の内容は多すぎるからです。

本を何冊読んでも、色々なことがあり過ぎて、本を読んでると疲れます。とにかく、公的年金を将来受給するためには、現行の制度では25年以上掛けなくてはいけません。

ドイツやイタリアなどは最低5年、イギリスは男11年、女9.75年で公的年金の最低の受給資格を得ることができます。が、出来るなら、なるべく40年満額受給したいところです.。原則としては、20歳から60歳までの40年間、年金には強制加入となっていますが、60歳を過ぎて25年の受給資格に満たない人や、25年以上掛けてはいるけど40年満額受給に近づけたい人には国民年金の「任意加入制度」を使えば、60歳から65歳まで掛けられます。


厚生年金なら、65歳以上でも会社に勤めていてれば70歳まで加入することになっていますし、70歳以上でも任意で入れる制度などがあります。

できれば早いうちに受給資格を満たすのがベストですが、どうしても掛けられなかった事情のある人や、自営業者で掛けていなかった人などは、今あげた制度を使えば何とか受給資格を満たすことも可能だと思います。

と、意気込んでみましたが、そんなに難しいことではありません。国民年金を納めるのが困難な場合、免除(納めなくても、納めたことにしてくれる制度。)申請すれば、思いのほか簡単に認められることがおおいです。


特に、失業したばっかりの人は、免除申請すればほぼ通ると思いますよ。なぜなら、「失業した」ことを証明する書類を免除の申請書に添えて提出するだけで、簡単に「全額免除」が許可されるしくみになっていますから。

    たかが年金・されど年金、公的年金で月10万円・他の収入で月50万円あれば、そこそこ楽に生活していけるのではないか。年金だけで月25万円以上もらうのは大企業に40年勤めないと無理ではないだろうか。現代は会社に勤めていれば安心という時代ではなくなっているので、別で収入をつくるのが賢明だと思う。

年金.comサイトマップ



年金は35歳で掛け始めても間に合うか?年金の種類 年金の繰り下げ受給年金は自分で請求しなければならない

厚生年金の基礎知識 年金加入は45歳がラストチャンスだが、厚生年金保険のしくみ  年金額の計算

 国民年金免除申請が通る絶好のタイミングとは?年金で女性が気を付けたいこと付加年金について年金に生命保険の機能が付いている?

確定拠出年金(401K)年金だけで暮らすには年金財政はなぜ苦しくなっているのか? 個人年金年金だけで生活費は十分だ!

遺族厚生年金厚生年金の算出式年金は1世帯でいくらもらえるか? 公的年金年金を受給するには?年金って貯蓄と同じなの?

国民年金免除制度障害年金 年金定期便年金の額は、どうやって決まるか?遺族基礎年金厚生年金とは

国民年金 免除国民年金 保険料国民年金 免除手続き遺族基礎年金2知らないと損する年金のもらい方

年金これだけ心得帖イラスト六法 わかりやすい年金払わずもらえる国民年金未納マニュアル年金不安50問50答

図解 よくわかるすぐわかる年金Q&A国民年金 学生 免除年金生活老齢基礎年金年金の所得税個人年金の税金

加給年金年金相談国民年金 受給年金制度国民年金厚生年金共済年金公的年金には3つの種類がある

年金は法律によって決められている年金の受給権とは?老齢退職給付
年金の受給資格がない場合は?

国民年金を有利に受給しよう厚生年金を有利に受給しよう在職老齢年金の計算式共済年金を有利に受給しよう

老齢給付と失業給付は同時に受給できない老後の年金は夫婦の合計で考える遺族給付を受けるには要件がある

遺族基礎年金の受給内容は?遺族厚生年金の受給内容は?障害給付を受けるには要件がある障害基礎年金(国民年金)の受給内容は?

障害厚生年金(厚生年金)の受給内容は?遺族年金・障害年金と自分の年金を調整する年金制度改革とは?

専業主婦の第3号被保険者の届出忘れで、老齢基礎年金がもらえなくなる?退職共済年金は、とにかく保障が厚い(熱い=HOT)

年金の任意加入制度を利用しよう年金分割 離婚時年金の受給権を得るには?年金の受給要件を満たせない場合の対処方法は?

高すぎる健康保険料
年金nennkinn年金のことなら年金.net国民年金基金自分年金、 企業年金

消費税増税前後の「駆け込み需要」と「反動」に注意消費税増税で意識しておいたほうがいいこと 財政赤字の弊害

投信の手数料は30万円、FPの手数料は3万円個人向け国債は国債暴落に強く、銀行預金よりも安全
 ある会社経営者の話 あるお坊さんの話長者番付に載らなかった芸能人は誰か?不動産経営は赤字をつくることが簡単

「副業で赤字」を出す?自分年金
エアコン 無料回収 大阪携帯 買取 東大阪携帯 買取 八尾

定額年金保険
  携帯 買取 大阪iphone 買取 大阪 アイフォン 買取 大阪工具 買取 大阪工具 買取 大阪携帯 買取 東大阪金持ち

排水 つまり 清掃
排水 つまり家電 買取 大阪電動工具 買取 大阪楽器 買取 大阪古物商顔やせ