年金加入は45歳加入がラストチャンスだったが、、、

年金のことなら年金.com

年金 NENNKINN
224×33サイズ バナー1
 シトルリン
当サイトはリンクフリーです。
自由にリンクを貼ってください。
 
年金.comサイトマップ
 

年金加入は45歳加入がラストチャンスだったが、、、

 
できれば公的年金をもらいましょう。 25年加入が必要でしたが、年金法の改正で10年で受給資格が得られるようになりました。40年で満額受給の資格を得ることができます。年金は55歳加入がラストチャンスです 国民年金だけで何年加入すれば年金を受給できるのでしょうか?10年掛けたらもらえます。 確かに40年掛けた方が多くもらえるのですが、40年掛けるのは真面目に働くサラリーマン位ではないでしょうか? 年金法の改正で、最低受給資格の条件は、10年となっており、この条件を満たさないと受給することはできません。 70歳になるまでは、任意加入と特例任意加入を使ったとしても、逆算して60歳加入が国民年金を受給するための資格を得る、最後のチャンスとなります。

年金法改正前は、厚生年金・共済年金加入者で、昭和27年4月1日以前に生まれた人は、20年以上の加入年数があればいいので、65歳以降も会社に勤務し、加入するのであれば50歳に加入しても年金受給は可能でした。 これらの人たちも10年掛ければもらえるようになりました。 任意加入の制度を活用しよう!老齢年金を受給するには、10年以上の加入期間(保険料を納付した期間・保険料免除を受けた期間・カラ期間などの合計。)または、厚生年金・共済組合で10年の加入期間が必要です。

いろいろ理由はあると思いますが、年金を受給できるだけの期間を満たしていない方は、任意加入の制度を利用して、受給資格を満たすようにしてください。任意加入は、公的年金であれば国民年金・厚生年金・共済年金のどれでもかまいません。以下を参考にしてください。
1、国民年金に加入の場合
65歳になる前月まで任意加入できる。

2、会社に勤めている場合
会社が厚生年金の適用事業所であれば
、(厳密には、法人であれば社会保険「厚生年金と健康保険」に強制加入だが、なかには社会保険に加入していない会社もある。理由は、今のところ法人が社会保険に加入しなくても罰則がないためだと思われる。)70歳になる前月まで厚生年金に加入しなければならない。

公務員の場合
退職するまで(長期給付なら70歳になる前月まで)
国民年金には、特例任意加入、
厚生年金には、高齢任意加入がある。

国民年金で65歳になるまで任加入したとしても、受給資格を得ることが出来ない場合は、昭和40年4月1日以前に生まれた人に限って、受給資格を満たすまで(70歳になるまでが限度。)国民年金に加入することができる
特例任意加入制度があります。厚生年金の場合は、70歳になるまで保険料を納めなければなりませんが、それでも受給資格を得ることができない場合は、受給資格を満たすまで加入できる高齢任意加入があります。おさらいとして、将来厚生年金(共済年金も)のような公的年金をもらうためには、「60歳までに25年以上国民年金保険料を支払っている。」ことが必要ですよね。

ということは、それまでほとんど厚生年金も、国民年金も払わなかった人が40歳になって初めて国民年金を納め始めるとどうなるか?普通に考えると、60歳までにもはや10年には満たないから年金はもらえませんよね。 いままで一度も払ったことがない人は、少なくとも55歳までには国民年金保険料を納め始めないと、将来年金がもらえないということになってしまう。 しかも、55歳から60歳までの期間でも、社会保険なしの会社とか、予測のつかないことが起きて保険料を納められない期間もあると考えると、55歳から納め始めた人はすでに年金がもらえない予備軍になっているといっても過言ではない。

こう考えると、55歳以上の人は「完全にダメ!」となってしまいそうだけど、これらの話はあくまでも法律の原則論でしかない。 実は、公的年金制度には「特例」というのが色々とあって、それを使うことで年取った人でも何とかなるから「特例」を活用しない手はない。 原則としては、国民年金の強制加入期間は20歳から60歳となっているが、55歳になっても10年の受給資格を得れない人や未納期間があって40年納付の満額に足りない人は、65歳まで国民年金に「任意加入」できるようになっている。

ということは55歳になって国民年金保険料を支払い始めた人も65歳までに25年あるからギリギリセーフになる。 また、途中未納期間が数年あって40年満額に足りない人も60歳からの5年間、国民年金に任意加入して満額の40年に近づけることもできる。しかも、65歳になっても老齢基礎年金(国民年金)の受給権がない人は、さらに「特例任意加入」という制度があって、70歳の前月まで国民年金に加入できるシステムになっている。

たかが年金・されど年金、公的年金で月10万円・他の収入で月50万円を目安に努力しましょう。年金だけで月25万円以上もらうのは至難のワザである。現在はインターネットが発達しているので、半年~1年コツコツやれば月に50万円程度の安定した収入は得られるようだ。頑張る動機は十分にあるのではないだろうか?下記に参考書籍を記しておく。

HTML5&CSS3レッスンブック (2~3日でマスター。遅くとも一週間あればWEBサイトの作り方は一通りマスターできる。)

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話

スマホ1台でもう一つの収入源をつくる方法

ゴミの山を10億円にした私の方法―資金ゼロ・身体一つ・二足わらじの副業から始めて大成功!!

年金.comサイトマップ



年金は35歳で掛け始めても間に合うか?年金の種類 年金の繰り下げ受給年金は自分で請求しなければならない

厚生年金の基礎知識 年金加入は45歳がラストチャンスだが、厚生年金保険のしくみ  年金額の計算

 国民年金免除申請が通る絶好のタイミングとは?年金で女性が気を付けたいこと付加年金について年金に生命保険の機能が付いている?

確定拠出年金(401K)年金だけで暮らすには年金財政はなぜ苦しくなっているのか? 個人年金年金だけで生活費は十分だ!

遺族厚生年金厚生年金の算出式年金は1世帯でいくらもらえるか? 公的年金年金を受給するには?年金って貯蓄と同じなの?

国民年金免除制度障害年金 年金定期便年金の額は、どうやって決まるか?遺族基礎年金厚生年金とは

国民年金 免除国民年金 保険料国民年金 免除手続き遺族基礎年金2知らないと損する年金のもらい方

年金これだけ心得帖イラスト六法 わかりやすい年金払わずもらえる国民年金未納マニュアル年金不安50問50答

図解 よくわかるすぐわかる年金Q&A国民年金 学生 免除年金生活老齢基礎年金年金の所得税個人年金の税金

加給年金年金相談国民年金 受給年金制度国民年金厚生年金共済年金公的年金には3つの種類がある

年金は法律によって決められている年金の受給権とは?老齢退職給付
年金の受給資格がない場合は?

国民年金を有利に受給しよう厚生年金を有利に受給しよう在職老齢年金の計算式共済年金を有利に受給しよう

老齢給付と失業給付は同時に受給できない老後の年金は夫婦の合計で考える遺族給付を受けるには要件がある

遺族基礎年金の受給内容は?遺族厚生年金の受給内容は?障害給付を受けるには要件がある障害基礎年金(国民年金)の受給内容は?

障害厚生年金(厚生年金)の受給内容は?遺族年金・障害年金と自分の年金を調整する年金制度改革とは?

専業主婦の第3号被保険者の届出忘れで、老齢基礎年金がもらえなくなる?退職共済年金は、とにかく保障が厚い(熱い=HOT)

年金の任意加入制度を利用しよう年金分割 離婚時年金の受給権を得るには?年金の受給要件を満たせない場合の対処方法は?

高すぎる健康保険料
年金nennkinn年金のことなら年金.net国民年金基金自分年金、 企業年金

消費税増税前後の「駆け込み需要」と「反動」に注意消費税増税で意識しておいたほうがいいこと 財政赤字の弊害

投信の手数料は30万円、FPの手数料は3万円個人向け国債は国債暴落に強く、銀行預金よりも安全
 ある会社経営者の話 あるお坊さんの話長者番付に載らなかった芸能人は誰か?不動産経営は赤字をつくることが簡単

「副業で赤字」を出す?自分年金定額年金保険
エアコン 無料回収 大阪携帯 買取 東大阪携帯 買取 八尾
  携帯 買取 大阪iphone 買取 大阪 アイフォン 買取 大阪工具 買取 大阪工具 買取 大阪携帯 買取 東大阪金持ち

排水 つまり 清掃
排水 つまり家電 買取 大阪電動工具 買取 大阪楽器 買取 大阪古物商顔やせ